Shimokitazawa

JUNE

  • mama!milk
    6月1日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。

    プロフィール

    世界各地を巡りながら劇場、客船、寺院、廃墟等で自由に紡ぐ音楽は「Japanese New Exotica」「まだ見ぬ映画のサウンドトラック」「旅へ誘う音楽」とも。近年相次ぎ発表したアルバムや舞台・美術作品のための音楽が国内外で話題となる中、各地の趣深い場での演奏会も好評を博している。

  • 「宵月の小さな音楽会」Chimaとzerokichi
    6月2日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    Chima 大阪生まれ、大阪育ち。札幌在住のシンガーソングライター。幼少期をドイツ、アメリカで過ごす。その頃からミュージカルや声楽に触れ、歌うことに興味を持つものの、帰国後は獣医師を目指す。高校の修学旅行で訪れた北海道の空に感動し、ここに住もうと大阪から移住、北海道の大学に進学。大学で獣医学の勉強と並行してバンド活動を始める。そこで触れた札幌の音楽シーンに感化され、自らも音楽の道を目指すことに。現在は、小さな体にギターを背負い全国各地を巡ってライブ活動を行っている。自身の活動の他に、GalileoGalileiのコーラス、蓮沼執太氏やTO-MAS(クラムボンミト氏が参加する劇伴ユニット)へフィーチャリングボーカルとして参加するなど精力的に活動中。昨年『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』に初出演を果たす。

    ゼロキチ ウクレレを相棒にカフェ、ギャラリー、美容室、旅館、酒蔵など空間や人との出会いを大切に演奏活動を行う。ウクレレソロ演奏の他、2014年よりギタリスト西村周平とのデュオCYLVAも始動。2015年7月、CYLVACのミニアルバム発売。ウクレカレー、火曜ウクレレ劇場などのイベントも主宰。

  • 長谷川健一ノンマイクソロワンマンライブ
    6月3日(土)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。

  • 末森英機 / ゲスト: ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ、トビウオリアキ
    6月4日(日)
    Open 14:00 / Start 14:30
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の13:00〜13:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    末森英機 1955年生まれ。物心がつくころから、よそ者、のがれ者、渡り者、流れ者、よた者、ゆすりたかりまがいがたたり、はんぱなく精神病棟へ。罰当たり者は生きて2009年末、歌手の中川五郎さん見よう見まねで歌い始める。震災後、仮設住宅の集会所や復興商店街の店頭、特別介護施設などで五郎さんやよしだよしこさんとともにツアーに参加させたいただく。海外にも必ずギター持参の変わり種。デネーシュさんは魂の友とリスペクト。

    ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディタブラ奏者。1962年生まれ。幼少時からヒマラヤのアシュラムにて修行を開始。その一環でタブラに出会う。楽師を務めインド各地で神々をたたえる。ヒンドゥー教の聖地バラナシにて生涯の師、タクール・サン・クールシンと出会う。心の平和、民族性の落ち着きを持ち、その演奏は巡り合う人々から魂の友と呼ばれる。スティービー・ワンダーとの国内ツアーでも話題に。

    トビウオリアキ 優しく深く、あたたかいヴィオラの音色を、ループマシンで織りかさね、小さな民族楽器たちも響かせながら、独特な音世界を紡ぎ出す音の魔法使い。平和への祈りを音に込めて。聴く人の心も音に込めるように。愛を込めて、全身全霊で音を放つ。 品川区生まれ、育ち。むさおん卒業後、自由にセッションすることを覚え、2008年頃より、ループソロライブを始める。2007年、セッション集「ヴィオラ満チル月」リリース。現在、長崎県にて、夫と家で整体・整骨院をしながら2人の子育てと音楽活動をしている。

  • 塚本功
    6月6日(火)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1970年5月21日生れ。1994年にピアニカ前田氏率いる「ピラニアンズ」でメジャー・デビュー。平行して自らのリーダーバンド「ネタンダーズ」でもCD制作やライブ・ツアーを行う。1997年にピラニアンズを脱退。(2006よりピラニアンズはライブ活動を再開しており、塚本功もこれに参加しています)その後はネタンダーズの活動と平行して、ギタリストとして「小島麻由美」等、ソロアーチストのレコーディングやライブに参加。2002年4月にはエレキギター1本によるインストアルバム「Electric Spanish-175」を発表する等ソロ活動もスタート。2003年より「sly mongoose」にギタリストとして加入。2006年より「ASA-CHANG&ブルーハッツ」に作詞作曲及びギタリストとして参加。2007年より「THE HELLO WORKS(スチャダラパー × スライマングース)」始動。2007年11月セカンドソロアルバム「Stompin'」発表。

  • 鬼怒無月「生音アコースティックギターソロ」
    6月7日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    '64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。'90年に自己のグループ,ボンデージフルーツを結成,'94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」('05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは'98年"ScandinavianProgressive Rock Festival",'99年にはサンフランシスコの"Prog Fest '99"に招かれるなど海外での評価も高い。ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバンド,Ware house,ギターインスツルメンタルの極を追求するCoil,勝井祐二とのデュオ,Pere_Furu,壷井彰久とのERA,吉田達也の是巨人,カルメンマキのサラマンドラ,更に灰野敬ニ,常味祐司とのコラボレーション,ギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

  • 6月8日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    「泊(とまり)」は2002年に大阪で結成された武村篤彦と笹山鳩による異色歌謡のユニット。枯れた味わいの武村のギター演奏とオールドスクールな笹山の唱法は、昭和前半にかつて存在したようで存在しなかった、「架空の歌謡」と言えるかも知れません。

  • 「独演会12」鈴木晶久
    6月9日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    「癒し系の皮を被った悪魔」の異名を持つシンガーソングライター。あるときは双六亭/囲碁お見知りおきを楽団のギター。最新作は2011年リリースの「ワカバのころ」

  • 「KAWAII OYUGIKAI vol.2 」CHIRUMERA / 北村早樹子と榎本美月
    6月10日(土)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    CHIRUMERA 三津井ちるこ(accordion) 今村圭一郎(contrabass)

    北村早樹子と榎本美月一夜限りのおもちゃ仕様(toypiano and toy toy toy)

  • yojikとwanda
    6月11日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    yojik(vo)とwanda(guitar,vo)の2人組。2010年宅録作品1stアルバム「DREAMLAMD」発表。2012年3月には 2ndアルバム「Hey! Sa!」リリース。「Hey! Sa!」ではトクマルシューゴをはじめ多くのサポートや自身のソロで活動のイトケン (ds)、NRQのメンバー服部将典 (contrabass)と吉田悠樹(二胡・mandorin)、ザ・なつやすみバンドやうつくしきひかり、片想いの MC.sirafu(steelpan,tp) を迎えたバンド録音を中心に制作。2015年9月4日には3rdアルバム「フィロカリア」をcompare notesからリリース。前作とほぼ同じ録音メンバーで制作。

  • ファルコン
    6月13日(火)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    (ギター) 広島県福山市生まれ。 東京在住。10歳まで小倉、横須賀、市川、宝塚、帯広、熊本と転々と過ごす。15歳からギターを始め、様々なシンガーのサポートや、ウクレレユニット”Paititi”、ヴァイオリニスト中西俊博のバンド”Reel'sTrip”などに参加。ソロギターでは、アコースティックギターの様々な変則チューニングで自然や風景を描写した曲を作り、2011年オムニバスalbum『音野菜〜eatrip music marche〜』に参加。2014年2月沖縄の野外録音でまとめたソロアルバム『Walk on the sea』発売。

  • SOWAN SONG
    6月15日(木)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    SOWAN SONG(ソワンソング) 2003年より弾き語りからバンドまで様々な形で音楽を奏で、衝動的な胸の高鳴りや葛藤に見る美しさなどをテーマに愛を歌う前岨啓之(マエソワ ヒロユキ)のひとりユニット名。マエソワという珍しい名字がもとであだ名はソワン。最新作『抱きしめたい』はサポートメンバー:高橋結子(Dr)、sugarbeans(Key,Pf)、時光真一郎(Ba)、設楽博臣(Eg)、平泉光司(Eg)、伊藤彩(Vn)との親交から創りあげた4年振り4枚目のオリジナルアルバム。

  • 「ナイトスクリーン vol.12“不思議なお話”」浅野達彦
    6月16日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1996年にMOODMAN主催のレーベル「M.O.O.D/donut」からシングル『bonjour』をリリース。 2000年任天堂ゲーム「巨人のドシン1」のサウンドトラック、『ドシンの跡を追って』を発表。2001年、『bonjour』を聴いたアレック・エンパイアからオファーを受け、彼の主宰する英国のレーベルGeist から初のフルアルバム『Genny Haniver』をリリース。2004年"クサマヤヨイの前衛ファッションショー!"の音楽を担当。2005年デヴィッド・シルヴィアンのリミックス・アルバム『Blemish Remixes』に参加。2008年2ndアルバム『Spacewatch』をAKICHI RECORDSよりリリース。現在都内を中心にライブ活動を行なっている。

  • 八橋義幸
    6月17日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    ギタリストとして様々なアーティストのライブサポートを務める傍ら、2008年アイルランド留学を機に、ベーシスト岩崎なおみ(Controversial Spark)、ドラマー西野真純とともにThe Uranus(ジ・ユレイナス)を結成。英詞の作曲とボーカルを担当。トリオ編成とは別に、ソロライブも精力的に行っている。ギターやバンジョーによる弾き語りスタイル。ディレイを駆使した残響とチューブライトによる照明、バラードから反戦歌まで、空間を生かしたライブを展開。

  • 「song circusvol.10」河合耕平
    6月18日(日)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    歌とガットギターを基本に、懐かしくて新しい、遊び心あふれるポップスを生み出す。2014年、1stアルバム「SONG CIRCUS」をリリース。一筋縄ではいかないけれど親しみやすく、聴くほどに味わいが増す楽曲や詞。温かさとクールさが同居する声。それらが融け合う彩り豊かな世界は、同業者やクリエイターのファンからはじまりシティポップ好きへ、じわじわと浸透中。弾き語りの域を超えたギター演奏にも注目。

  • DRAMATICS(ササキヒデアキ + 勝井祐二 )
    6月20日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    ササキヒデアキ(映像)と勝井祐二(音楽)の二人のユニット。 瞬間に虚と現を行き来する映像と音とのファンタジーであり、同時にその時にしか触れる事が出来ない即興のドキュメントでもある。これが「DRAMATICS」という名前のイリュージョン(錯覚体験)。 ササキヒデアキは、1990年代初頭大友良英氏率いる「GROUND ZERO」のライブ映像から、ROVOの最初期の映像も担当。まだVJという名称の無い頃から音楽と即興的に関わって来た映像表現のパイオニア。勝井祐二は現在に至るまでROVO、BONDAGE FRUIT、DEMI SEMI QUAVER、TWIN TAIL、カルメンマキ & サラマンドラ、KOMA、などの活動を平行させている。 2011年、DRAMATICSとして、8年ぶりに活動を再開。

  • 石塚明由子+須藤ヒサシ
    6月23日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    石塚明由子シンガーソングライター。ジャズ&ブラジル系ポップスユニット「vice versa(ヴァイスヴァーサ)」のボーカルとして13年間活動後、家族の病気や介護をきっかけに自身の音楽をみつめなおし、2013年よりソロ活動をスタート。 フォーキーかつスィンギーなサウンドに、心にそっと寄り添うコトバを乗せて独自のソングライティングを展開。2015年12月、WATER WATER CAMELの須藤ヒサシとともに制作した1st.ソロアルバム「Hello, my sister」をリリース。日々の美しい情景や身近な人とのさよならを描いた陰影のある楽曲を収録。

    須藤ヒサシしばらくお待ち下さい

  • 「海の見えるところから」穂高亜希子with服部将典 / シネルパ
    6月24日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    穂高亜希子 シンガーソングライター。1982年福岡県出身。2003年頃より東京都内のライヴハウスなどでギター、ピアノの弾き語りを始める。2010年、JOJO広重編纂によるコンピレーションアルバム「日曜日のうた」に参加。2011年、初のフルアルバム「ひかるゆめ」を京都のレーベル"FMNsoundfactory"よりリリース、2014年に同レーベルよりセカンドアルバム「みずいろ」を二枚組でリリース。同アルバムには関島岳郎、熊坂路得子、服部将典、吉田悠樹が参加。自身の弾き語りの他に、"ミッシング箱庭"というバンドでもベースなどで活動している。

    シネルパ1998年頃、SSWの森純一の呼びかけでツインギターとシンセサイザー(山我静)のトリオで2000年にファーストアルバム『世界中は逃げた小鳥たちでいっぱい』(ozdisk)をリリース。同じ頃コンピレーションアルバム『SO FAR SONGS』(ozdisk)に参加。2006年に自主レーベルvonfun(ヴォンファン)を立ち上げ2ndアルバム『内緒の食事』をリリースする。何度かメンバーが変わり2008年頃、tene-guitの伊藤琢矢(guitar)が加わる。昨年2016年夏に3枚目のアルバム『旅行者は海の駅』(vonfun)を発売する。現在は、影絵作家の戸井安代(クラリネット&バスクラリネット)も加わり4人編成で活動中。

  • 「下北水中ライブ Vol.155」滝本晃司
    6月25日(日)
    Open 18:00 / Start 19:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:00〜17:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    2003年10月に解散した「たま」のメンバー。これまでに5枚のソロアルバムをリリース。2014年、6枚目のソロアルバム「空色」リリース!

  • とんちピクルス
    6月26日(月)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。福岡のみにとどまらず各地の美容室、カフェ、ギャラリーなどで活躍中。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。ホームワークレコードよりCD「とんちピクルス」を発売。

  • 林レイナwith福島ピート幹夫 / コーノカオル
    6月27日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    林 レイナ11月17日生まれ さそり座 AB型 サウスポー。ボーカルを務めるバンド「みみずくず」が2000年にメジャーデビュー。ポリドールレコードより3枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。誰かひとりに向けた感情の中に全てがあるという心情の元現在もソロ活動の他「みみずくず」「Gスポーツ」「林飯」「林レイナバンド」と様々な形態で東京を中心に活動中ブログ「それはありふれた日常の中に」も不定期連載中。

    福島ピート幹夫 10代の頃から音楽活動を始めジャパニーズミュージックシーンでPOPS〜アヴァンギャルドまで、ジャンルの壁を超えての裏街道に生息するサックスorベース・プレイヤー。過去Morsof/在日ファンク/ハシケン/松永孝義&The Main Man Special Band/ジャック達/BOXCOX/様々なセッションを経て現在はKILLING FLOOR/ミールス/カランツバターサブレ/華村灰太郎/林レイナバンド/等々…。その他フリーインプロビゼーション界隈で活躍中。

    コーノカオル作曲家、シンガーソングライター。1998年にセロファンのベーシストとしてメジャーデビュー。 2003年までにシングル6枚、ミニアルバム2枚、アルバム4枚をリリースし、2005年に活動休止。その後はメジャー、インディー問わず、さまざまなライブサポートやレコーディングセッションに参加。ベース 以外にもキーボード、作詞、作曲、楽曲提供、プロデュース、レコーディング、ミックスもこなすマルチ・ミュージシャン。そして自身のソロユニットであるTRICKY HUMAN SPECIAL(ニューアルバム「黄金の足跡」2016/9/28発売!)ではシンガーソングライターとして活動中。強く印象に残る独特の美しいメロ ディーを内包したソングライティングで高い評価を得ている。楽曲提供、ライブ、レコーディングのサポート等、随時受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 「ギターはわらっている Vol.2」坂口沙子 / 清岡秀哉 + 西脇一弘
    6月28日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    坂口沙子 1991年東京生まれ。2013年より弾き語りをしています。

    西脇一弘sakanaでギターを弾いています。絵も描いています

    清岡秀哉 ギタリスト。作品にギター独奏のミニアルバム「strings in mourning」(’13)。映画音楽も手掛ける。現在「秋の理由」(福間健二監督)と「影の由来」(波田野州平監督)のサウンドトラック制作中。'14年から井手健介と母船、SPECIAL VIEWと2つのバンドに参加。愛のために死すの3rdアルバム(今春発売)制作に全面的に参加。また、デザイナーとしてジャケットデザインも多数手掛ける

  • 樽木栄一郎 生音 Solo Live「ツマビキ演奏会」
    6月29日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    広島県福山市出身。現代における樽木流クロスオーバーミュージック。様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、様々な場所で話題を呼んでいる。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。2013年10月よりオンエア中のFM J-WAVE(81.3)の番組、『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。