Shimokitazawa

DECEMBER

  • 「香辛料と微熱 vol.34」the sea falls asleep
    12月1日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    the sea falls asleep (ex.Any) Vocal/Guitars。全ての楽曲の作詞作曲を手掛ける。これまでに5枚のAlbumと4枚のSingleを発表。

  • 木原龍太郎「Add my rock 'n' roll and some sad songs」
    12月2日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    木原龍太郎87年、メジャーデビュー。90年、オリジナル・ラブに参加、7枚のアルバム、8枚のシングルを制作し95年脱退。以降プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー、キーボードプレイヤーとして数々のアーティストの作品やライブに参加し現在に至る。2009年に花田裕之、具島直子、ベイ・シューなどのゲストを迎え、ソロアルバム「TEN SKETCHES OF ME」をリリース。

  • 鈴木晶久&佐野岳彦
    12月3日(日)
    Open 14:00 / Start 14:30
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の13:30〜13:50に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    鈴木晶久(ギターと歌)、佐野岳彦(ハーモニカと歌)による、ブルースを探し求める2人組。

  • 林ミカ 「声の居場所vol.6」/ opening act : コルセッツ
    12月3日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    林ミカ 2007年からピアノの弾き語りで活動しているシンガーソングライター。バンド「不自分」ではピアノとコーラスで参加し解散後もソロ活動を続けている。アルバム「終わりから始まる歌」「Oneself」「unrelativity」「timeカプセル」等を発表。

  • Vacation Three / 小島大介&坂ノ下典正
    12月5日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先となります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    Vacation Three ネオ・アコ、フェイク・ジャズ、ボッサ等の影響をシンプルに表現する、掻き鳴らさないシティ・フォーク・サウンド。東京拠点のアコースティック・トリオ Vacation Three。米NCのFM局「WXYC」で1位を獲得したニューウェーブ〜ディスコ・バンドBANKのフロント・マン中村大と、90年代から活動する元祖・渋谷系パーティー・バンドWack Wack Rhythm Band に参加するサックス奏者・仲本興一郎、同じくパーカッション奏者おきょんによる3人組。2016年夏よりライブ活動をスタートし、数々のイベントに出演中。

    小島大介&坂ノ下典正 Port of Notes等の活動で知られるギタリスト兼プロデューサーの小島大介/DSKと、ジャズ、クラシック、ボサノバなど幅広いジャンルを7弦ギターで操り、haruka nakamuraらとの活動でも注目を集めているギタリスト坂ノ下典正のユニット。攻守が自在に入れ替われる大人のダブルフロント・ギターユニット。それぞれの音楽バックグラウンドが引き立つオリジナルソングと、エスプリの効いた曲やダンスチューンまで変幻自在なカバーも演奏。広い音世界が聴衆を魅了する。

  • 「河合耕平「song circus vol.12」
    12月6日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    歌とガットギターを基本に、懐かしくて新しい、遊び心あふれるポップスを生み出す。2014年、1stアルバム「SONG CIRCUS」をリリース。一筋縄ではいかないけれど親しみやすく、聴くほどに味わいが増す楽曲や詞。温かさとクールさが同居する声。それらが融け合う彩り豊かな世界は、同業者やクリエイターのファンからはじまりシティポップ好きへ、じわじわと浸透中。弾き語りの域を超えたギター演奏にも注目。

  • イノトモ「リクエスト大会」
    12月7日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    アコースティック系シンガーソングライター。音響の勉強をしに18才で福岡より上京、その後ライブハウスや劇団の裏方を経験するかたわら歌に目覚め、ジャズクラブ等で歌いはじめる。その後本格的にオリジナル曲を作り始め、メンバーを集めてライブ活動を開始。98年、日本クラウンよりデビュー。これまでに10枚のシングル、7枚のアルバム、1枚のベストアルバムをリリース。NHKみんなのうた「わたげのお散歩」(05.4月〜5月ON AIR)、くるりのシングル「Birthday」のコーラス、ビートルズのカバーアルバム「りんごの子守唄」への参加、NHK教育アニメ「しばわんこの和のこころ」のテーマ曲を担当するなど、多方面で活躍中。CMやTV番組への楽曲提供も多く、最近では三菱オール電化やナカバヤシのフエルアルバム、第一三共カコナール2のCMでその歌声が聞ける。ライブ活動はマイペースに各地で行っており、そのかざらないふんわりした人柄が伝わるようなトークもまじえながら、しあわせな歌を届けている。

  • 「第二回 北村早樹子トイピアノワンマン」
    12月8日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    北村早樹子と榎本美月 一夜限りのおもちゃ仕様(toypiano and toy toy toy)

    コメント サポートメンバーに榎本美月ちゃんを迎えて、トイピアノの連弾などもしながら歌うワンマンの第二回です。(北村早樹子)

  • 清岡秀哉 / フジワラサトシ
    12月10日(日)
    Open 18:00 / Start 19:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:00〜17:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    清岡秀哉 ギタリスト。ギター独奏のパフォーマンスを中心に西脇一弘、宇波拓、三富栄治とのギターデュオでも演奏。「秋の理由」(福間健二監督)、「影の由来」(波田野州平監督)など映画音楽制作も手掛ける。井手健介と母船などバンドにも参加。

    フジワラサトシ 1982年生まれ、東京都出身。10代後半より自宅録音を開始。2008年頃から演奏活動を始め、ソロのほかoono yuukiなどのバンドのギタリストとしても活動する。2010年、鳥獣虫魚より『夜に生まれる』、2013年にsweet dreams pressより『い、のる』をリリース。また、2011年からは歌人・小説家の雪舟えまらと共にユニット“スリリングサーティー”のメンバーとしても活動している。

  • イーヨ with 内橋和久
    12月11日(月)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    イーヨ(vo):eEYOのvocalとして2000頃SMEよりMaxi Single3枚とAlbum "VEL" 発売。2003頃自ら作詞作曲を始める。band:イーヨ・イディオットを作ってAlbum "イーヨ・イディオット" "メルテッド・トラジディーズ"、Live DVD "デイズ"(内橋和久(g)中原信雄(b)外山明(dr))リリース。その曲と歌声は市街の喧噪と郷愁を紡ぐ。類い稀なる音場を企て奏でる内橋和久さんとともに、この日。

  • 「夜の科学 in 下北沢〜小箱のなかの音楽23」 山田稔明
    12月12日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,500 + drink / 当日 ¥3,800 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。

    プロフィール

    1973年生まれ佐賀県出身のシンガーソングライター。1993年にバンドGOMES THE HITMANを結成、1999年のデビュー以降、様々な楽曲提供と並行してソロ活動を本格化、『pilgrim』『home sweet home』とアルバムを発表。ソロ弾き語りやバンド編成など様々な形態で全国のカフェやギャラリー、ライブハウスを巡回している。2013年初夏3作目のソロ・アルバム『新しい青の時代』を発表

    コメント 2017年最後の下北沢lete公演で今年を総括します。(山田)

  • SOWAN SONG
    12月14日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    SOWAN SONG(ソワンソング) 2003年より弾き語りからバンドまで様々な形で音楽を奏で、衝動的な胸の高鳴りや葛藤に見る美しさなどをテーマに愛を歌う前岨啓之(マエソワ ヒロユキ)のひとりユニット名。マエソワという珍しい名字がもとであだ名はソワン。最新作『抱きしめたい』はサポートメンバー:高橋結子(Dr)、sugarbeans(Key,Pf)、時光真一郎(Ba)、設楽博臣(Eg)、平泉光司(Eg)、伊藤彩(Vn)との親交から創りあげた4年振り4枚目のオリジナルアルバム。

  • 「酒と泪と沢田と山田 vol.5」沢田ナオヤ / 山田庵巳
    12月15日(金)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先となります。お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    沢田ナオヤ例えばここにひとつのグラスがある。これに酔いどれ詩人の足取りで、レコードプレイヤーから飛び出した様な声を注ぎ、叙情的なメロディーを足し、 乾いたギターで割る。静かな言葉の断片をちりばめて、鋭い味のスパイスを少々。一気に飲み干す。沢田ナオヤの音楽を例えるならばこんな感じでどう だろう。いつの間にか聴き手は、彼の音楽の世界に包み込まれ、今夜もいい塩梅でしたたか酔ってしまうのだから。

    山田庵巳 1976年長野県生まれ。中2でクラシックギターを習い始め、中学高校でバンド活動にいそしむ。18歳で上京し、音楽専門学校に通いながらバンド活動を続け、23歳の時、音楽出版社に所属し、楽曲提供などを手がける。そして、25歳から独りで8弦ギターによる弾き語りのライブを始め、都内のライブハウスを中心に活動を続ける。自らの表現方法がスタジオレコーディング向きではないとの判断から2011年11月、二日間に渡りライブレコーディングを行い、記念すべき1枚目のアルバム「機械仕掛乃宇宙」が生まれる。全てが一発勝負の一発録音。録り直しなし。だからこそ生まれる、その瞬間だけの物語。聞いたら必ず逢いたくなる。生の山田庵巳の世界に。

  • 「手と声と21」三木千夏
    12月16日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    作詞・作曲 / 歌・ギター・ウクレレなど。バンドでの活動を経て、2007年より古いマーチンのギターを相棒に各地のカフェ、ギャラリーなどで弾き語りライブを行う。2009年、自宅キッチンにて1年を通じて録音したミニアルバム「手と声と」をリリース。さまざまな手仕事に興味があり、作家とのコラボレーションや展示会でのライブも多い。弦と声の響きとその隙間に耳を澄ませて、日々の暮らしの中に見つけた大切なもののことを歌っています。

  • 「静かなコンサート」Chima
    12月17日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 定員となりましたので受付を終了いたしました。

    尚、当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。

    キャンセル待ちお申し込み(出演者メールアドレスが送信先となります) Ticket Reserve Mail
    プロフィール

    Chima 大阪生まれ、大阪育ち。札幌在住のシンガーソングライター。幼少期をドイツ、アメリカで過ごす。その頃からミュージカルや声楽に触れ、歌うことに興味を持つものの、帰国後は獣医師を目指す。高校の修学旅行で訪れた北海道の空に感動し、ここに住もうと大阪から移住、北海道の大学に進学。大学で獣医学の勉強と並行してバンド活動を始める。そこで触れた札幌の音楽シーンに感化され、自らも音楽の道を目指すことに。現在は、小さな体にギターを背負い全国各地を巡ってライブ活動を行っている。自身の活動の他に、GalileoGalileiのコーラス、蓮沼執太氏やTO-MAS(クラムボンミト氏が参加する劇伴ユニット)へフィーチャリングボーカルとして参加するなど精力的に活動中。昨年『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』に初出演を果たす。

  • 「ふたりのクリスマス」とんちピクルス / 樽木栄一郎
    12月18日(月)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    とんちピクルス福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。福岡のみにとどまらず各地の美容室、カフェ、ギャラリーなどで活躍中。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。ホームワークレコードよりCD「とんちピクルス」を発売。

    樽木栄一郎 広島県福山市出身。現代における樽木流クロスオーバーミュージック。様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、様々な場所で話題を呼んでいる。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。2013年10月よりオンエア中のFM J-WAVE(81.3)の番組、『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。

  • 山田庵巳 / 小玉たまこ
    12月19日(火)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    山田庵巳 1976年長野県生まれ。中2でクラシックギターを習い始め、中学高校でバンド活動にいそしむ。18歳で上京し、音楽専門学校に通いながらバンド活動を続け、23歳の時、音楽出版社に所属し、楽曲提供などを手がける。そして、25歳から独りで8弦ギターによる弾き語りのライブを始め、都内のライブハウスを中心に活動を続ける。自らの表現方法がスタジオレコーディング向きではないとの判断から2011年11月、二日間に渡りライブレコーディングを行い、記念すべき1枚目のアルバム「機械仕掛乃宇宙」が生まれる。全てが一発勝負の一発録音。録り直しなし。だからこそ生まれる、その瞬間だけの物語。聞いたら必ず逢いたくなる。生の山田庵巳の世界に。

    小玉たまこ山口県出身のシンガーソングライター。最近ではギタリスト清岡秀哉とのユニット【Ka:Ka:(カーカー)】も始動。都内を中心に活動中。

  • 八橋義幸
    12月20日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    ギタリストとして様々なアーティストのライブサポートを務める傍ら、2008年アイルランド留学を機に、ベーシスト岩崎なおみ(Controversial Spark)、ドラマー西野真純とともにThe Uranus(ジ・ユレイナス)を結成。英詞の作曲とボーカルを担当。トリオ編成とは別に、ソロライブも精力的に行っている。ギターやバンジョーによる弾き語りスタイル。ディレイを駆使した残響とチューブライトによる照明、バラードから反戦歌まで、空間を生かしたライブを展開。