Shimokitazawa

SEPTEMBER

  • 「9月のピエールギター」高橋ピエール 
    9月1日(日)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    音楽家、ギタリスト。強さとナイーブ、ストレンジとピュア、そしてイマジネイションとドライブ、ピエールギターとしか言い様の無い独特な音楽。 耳元から心深く艶やかな音を届けるノーブルロマニスト。

  • TRIOLA
    9月2日(月)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    TRIOLA (トリオラ) 須原杏と波多野敦子による弦楽デュオ、TRIOLA。ヴァイオリンとヴィオラにエフェクティブなサウンドを融合させた独自の音作りでプログレッシブに、叙情的に、駆け巡る自由自在なそのサウンドは、室内楽のから解き放たれ新たなジャンルの起点にもなりうる斬新な音楽。個性の違うふたりが織りなす、一本の映画を観るような、重厚な世界。

    須原杏ヴァイオリン、コーラス担当。2012年よりASA-CHANG&巡礼にメンバーとして加入、数多くのアーティストのレコーディングやライブにも参加。瞬発力とリズム感に溢れ、低弦の深みも持ち合わせる希有なヴァイオリニスト。

    波多野敦子triolaの作曲、編曲、ヴィオラ、コーラスを担当。これまでに2枚のソロアルバム、数多くのCMやドラマ等の映像音楽を制作。近年はJim O'Rourke、MOCKY、石橋英子、倉地久美夫らと共に演奏、ライブも行っている。

  • 「ギターはわらっている vol.14」大河内大祐/ 山際英樹+西脇一弘
    9月5日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    大河内大祐 シンガーソング植物。ギター弾き語りでの活動を中心におこなっている。「平成50年」「ODSG」「心身ともに健やか」などのユニットでの活動や100円ローソン愛好家としても活動中。

    山際英樹 割礼、血と雫と言う二つのバンドでギターを弾く傍ら、ソロでも活動。

    西脇一弘sakanaでギターを弾いています。絵も描いています

  • 「vanishing time 〜消滅の時間〜」新城温古&タカスギケイ
    9月6日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先となります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    新城温古 vo,pf 20年近く習い続けたクラシックピアノやオーケストラでのバイオリン演奏などを通じて、幼少時から常に音楽に慣れ親しむ。 ジャンル問わず、映画音楽、pops、jazz、民謡などから美しい曲を厳選し、さまざまなアーティストと共演。近年は詩や絵本の朗読、空間デザイナーとのコラボレーション、物語と音楽の融合などを取り入れながら、ステージの物語性を大切にステージを作り上げている。

    タカスギケイg, fx 空間系エフェクトを多用したアンビエントなサウンドとECM的なコンテンポラリージャズを融合した独自のスタイルで、様々な編成で活動を展開。"背景しか描けない絵描き"のようなギタリスト。

  • 長谷川健一「ノンマイクソロワンマンライブ」
    9月7日(土)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥3,200 + drink / 当日 ¥3,500 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    2007年ミニアルバム『凍る炎』、『星霜』をmap/comparenotesより二枚同時リリース。2010年ファースト・フルアルバム『震える牙、震える水』をP-VINERECORDSよりリリース。2011年「FUJI ROCK FESTIVAL」、「SWEET LOVE SHOWER」に出演。歌が純粋に歌として響くことの力強さを湛える優しくも切ないその声は、聴くものを深遠な世界へといざなう。京都が産んだ天才シンガー・ソングライターとして、多くのファンやアーティストから高い評価を得ている。2013年Jim O’Rourke(ジム・オルーク)プロデュースによるセカンド・フルアルバム『423』をリリース。同年12月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文によるレコーディング・ディレクションとコーラス参加のもと、珠玉のカバー集『my favorite things』をリリース。2015年には、奈良を拠点に全国で活躍する3ピースロックバンドLOSTAGEとともにスプリット7インチ『僕は今ここにいる / 遠くへ/砂の街』をリリース。「PARASOPHIA・京都国際現代芸術祭2015」にて、やなぎみわSTP「舞台車上・中上健次ナイト2015」のコーディネート・ライブ演奏を務める。12月、サード・フルアルバム『Breath』をリリース。2017年5月6日、初のライブDVD作品となる『ノンマイクライブ at COTTAGE 2016.12.27』をリリース。

  • 「櫛引彩香デビュー記念日ライブ」
    9月8日(日)
    Open 14:30 / Start 15:00
    Charge 予約 ¥2,400 + drink / 当日 ¥2,700 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の14:00〜14:20に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1999年9月8日『いつもの気分で』でCDデビュー。現在までシングル6枚、アルバム9枚を発表。自身の作品の他にも、様々なミュージシャンの作品に参加、CMでの歌唱やナレーションも担当している

  • 「ひとりずつ」あかね / うつお
    9月9日(月)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    あかね 「パスカルズ」にてトイピアノ、ボーカルを担当。「あかね」としても少しずつ歌っています。よろしくお願いします。

    うつお 保育園時代に木琴、小学生時代にピアノを習う。小学校では合唱(ソプラノ)&器楽合奏部(マリンバ、リコーダー、ハーモニカ、ハンドベル)に所属。10歳頃よりギター&歌作り始める。その後、地元のフォークサークルで音響、照明などスタッフをしながら17歳よりギターの弾き語り始める。LIVE、学園祭、演劇音楽、コンテスト、フェスティバル、イベントなど多数企画&参加。『ふたご』ユニット、バイオリン四重奏団『テトラ』、1995年より『パスカルズ』参加。

  • 塚本功
    9月11日(水)
    Open 19:30 / Start 20:30
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1970年5月21日生れ。1994年にピアニカ前田氏率いる「ピラニアンズ」でメジャー・デビュー。平行して自らのリーダーバンド「ネタンダーズ」でもCD制作やライブ・ツアーを行う。1997年にピラニアンズを脱退。(2006よりピラニアンズはライブ活動を再開しており、塚本功もこれに参加しています)その後はネタンダーズの活動と平行して、ギタリストとして「小島麻由美」等、ソロアーチストのレコーディングやライブに参加。2002年4月にはエレキギター1本によるインストアルバム「Electric Spanish-175」を発表する等ソロ活動もスタート。2003年より「sly mongoose」にギタリストとして加入。2006年より「ASA-CHANG&ブルーハッツ」に作詞作曲及びギタリストとして参加。2007年より「THE HELLO WORKS(スチャダラパー × スライマングース)」始動。2007年11月セカンドソロアルバム「Stompin'」発表。

  • 笹倉慎介
    9月12日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者予約フォームからのお申し込みとなります。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    シンガーソングライター、文筆家。2008年にアルバム『Rocking Chair Girl』でデビュー。NHK Eテレで放送中の「2355」(教育テレビ:総合演出 佐藤雅彦氏)では、『顕微鏡で覗く世界』『小さな恋の物語』等のヴォーカルを担当。これまでに3枚のオリジナルアルバムと、アイリッシュグループJohn John Festivalとの共作や、笹倉慎介 with 森は生きている名義の7インチシングル、季節をテーマにした弾き語りアルバム(TIME STREAMシリーズ)を発表している。2018年4月、7inchシングル「晴耕雨読/南の窓から」の発売を皮切りにソロ活動と並行しバンド’’OLD DAYS TAILOR’’の活動を表明。同年6月には1stアルバム「OLD DAYS TAILOR」を発表。

  • 「マエソワヒロユキの弾き語り」
    9月13日(金)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先となります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    大阪出身のシンガー。主にギター弾き語り。あだ名はソワン。“声”と”間”、”自由に操る声量”で聴く人の数分間を止めてしまう歌とギターカッティングによる独自のグルーヴ、大人と子供を行き来する詞世界が持ち味。2019年4月までソロユニット『SOWAN SONG』(ソワンソング)として活動。翌5月より本名カタカナ表記の『マエソワヒロユキ』に改名しリスタート。SOWAN SONG時代にオリジナルアルバム5枚、ライヴアルバム1枚を発表。他ドラマサントラ『SUNNY ROCK』では南佳孝氏『プールサイド』を歌唱。ソロ活動の他に黒沢秀樹、平泉光司、石田ショーキチ、成瀬英樹、武田栄、正木貴也らとの親交の中で、ツアーユニットやバンドとしても現在活動中。(クロソワン、ナルソワンキチ、マエソワヒロユキ&ソウル兄弟etc…)

  • 「Banjo & Accordion Night」Funny Trip & しんごとひでこ
    9月14日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:30〜19:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    しんごとひでこ しんご Long neck banjo,Greek bouzouk,Guitar。ひでこ:Accordion,Dumbeck。二人が複数の楽器を操り、ユーラシア大陸の民謡を昇華したオリジナル曲を全編日本語で演奏します。何処かで聴いたことがあるような、ないような、英国風、ロシア風、バルカン風、クレズマー風、ジプシー風・・・我々はそれを「偽欧風音楽」と呼んでいます。2011年結成。2014年ファーストアルバム「夜明けの呪文」を発売、目下セカンドアルバムを製作中。

    Funny Trip 2019年、Banjo,vo 田村 旭と、Accordion,vo ミサトにより結成。ジプシー、シャンソン、タンゴ、ブルース、ラグタイム等の独自解釈は、まるで見知らぬ土地で遭遇した音楽のよう。異国の調に魅せられた、空想紡いだ世界旅行。ちっぽけで儚くも、いびつな叫びを響かせる。〜Funny Trip〜あなたはどんな旅を思い描く?

  • 「pocosolo」pocopen 
    9月15日(日)
    Open 18:00 / Start 19:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    sakana(1987に加入)のボーカル,バッキングギター担当。弾き語りをします。

  • 湧「ワンマンライブ」
    9月16日(月・祝)
    Open 18:30 / Start 19:00
    Charge 予約 ¥2,000 + drink / 当日 ¥2,500 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先となります。お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    しばらくお待ち下さい

  • 「夜にふれる vol.7」神田さやか
    9月18日(水)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥1,500 + drink / 当日 ¥1,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい)での受付となり、先着順に受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    北海道出身。2014年冬にガットギター弾き語りをはじめる。2015年10月、作詞作曲録音をほぼ自分でおこなったCD-R「山を見る係」を発表、東京を中心に活動中。

  • 「たゆたう」古賀小由実(vocal&keyboard) 友宗敢(Gut guitar)
    9月19日(木)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先となります。お名前、連絡先、希望枚数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    古賀小由実(こがさゆみ)佐賀県生まれ。大分県在住。幼少よりクラシックピアノをはじめ、コンクールや海外留学など経験。弾き語りデビューは17歳のとき祖父の葬式で歌ったTheBOOM「中央線」。大学卒業後、ピアノとうたでと曲作りで全国各地で本格的に活動を開始。CMやTV等への楽曲提供(現在ACTVCM全国放映中。そのほかスカパー!、FUJIFILMなど)。2018年寺島しのぶ主演NHKドラマ「たからのとき」主題歌の作詞歌唱担当。俳優filmmakerとして活躍する斎藤工率いる「cinema birds」のメンバーとして阿蘇ロックフェスティバル2018出演。食べること、器、民族音楽、柴犬のことなども気にして暮らしつつ。ひとの生活に寄り添う、お気に入りのお茶碗のような音楽を作るため、活動しています。

  • 「下北水中ライブ Vol.182」滝本晃司
    9月20日(金)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    2003年10月に解散した「たま」のメンバー。これまでに6枚のソロアルバムをリリース。2019年、7枚目のソロアルバム「ガラスのコップの」リリース!

  • 木原龍太郎
    9月21日(土)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥3,000 + drink / 当日 ¥3,300 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    メール(お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい)での受付となり、先着順に予約受付のご案内を返信いたします。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    木原龍太郎87年、メジャーデビュー。90年、オリジナル・ラブに参加、7枚のアルバム、8枚のシングルを制作し95年脱退。以降プロデューサー、アレンジャー、コンポーザー、キーボードプレイヤーとして数々のアーティストの作品やライブに参加し現在に至る。2009年に花田裕之、具島直子、ベイ・シューなどのゲストを迎え、ソロアルバム「TEN SKETCHES OF ME」をリリース。

  • 「アベジュリー 独演会 vol.24 」
    9月22日(日)
    Open 18:30 / Start 19:30
    Charge 予約 ¥2,500 + drink / 当日 ¥2,800 + drink
    ご予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールアドレスが送信先になります。お名前、連絡先、希望人数をご記入下さい。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の17:30〜18:00に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    1990年、八馬義弘と共にデキシード・ザ・エモンズを結成。ネオGS、マージービート、モッズ、R&B、ソウル等をルーツに唯一無二のライブパフォーマンスを繰り広げた。インディーズからメジャーへと18枚のアルバムを発表。2006年日比谷野外音楽堂にてデキシード・ザ・エモンズ解散。現在、アベジュリー&The BACKDROPS、メイコス、電化アベジュリー等でのバンド形態の他、アベジュリーソロでも活動中。10年ぶりに復活したTHE YELLOW DOGSは現在不定期活動中。

  • とんちピクルス
    9月23日(月・祝)
    Open 19:00 / Start 20:00
    Charge 予約 ¥2,300 + drink / 当日 ¥2,600 + drink
    チケット予約 Ticket Reserve Mail

    出演者メールフォームからの受付となります。尚、精算は公演日ご入場時となります。当日券の有無は公演日の18:00〜18:30に電話にてお問い合わせ下さい。定員になり次第、予約受付締め切りとなりますのでご了承下さい。

    プロフィール

    福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。福岡のみにとどまらず各地の美容室、カフェ、ギャラリーなどで活躍中。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。ホームワークレコードよりCD「とんちピクルス」を発売。